新しいコンセプトの施設で

2019.01.30
こんにちは。
ブログ担当のFです。

先日、「ニフレル」という水族館へ行ってきました。
大阪万博公園横のララポートエキスポシティ内にあり、
ショッピングモールと体験型施設が一緒になった今までにないタイプの施設です。

この水族館はエリアごとにコンセプトが設定され、そのテーマにちなんだ魚が展示されています。
その魚が他の水族館ではなかなか見られない珍しい種類の魚が多く、予想以上に楽しめました。

中でもテッポウウオの水槽では、実際に餌を取る様子が間近で見る事ができ、かなり面白かったです。

目玉になぜかホワイトタイガーがいるのですが、展示も変わっており臨場感あふれる場面を堪能できました。

施設内のフードショップでは「食べる水」なるものがあり、ほとんどの人が注文していました。
私ももちろん購入しました。感想は食べてみてのお楽しみということで・・・ちなみに一個250円です(高い)。

こちらの商品はネーミングも良く、まず食べてみたいという欲求が湧きます。
これを読んだあなたは気になって検索するはず…
商品自体もパッケージがしっかりと作られていて、食べるときにも少しギミックがあります。

商品コンセプトがしっかりと作られていてとても良い商品だと思いました。
利益率はかなりのものだと思います。

商品のブランディング、デザイン次第で、相場より高額でも売れるという事を実感した商品でした。

当社は商品パッケージやコンセプトのご提案なども行っています。
売りたい商品のご相談はぜひ昭和印刷まで!



-----------------------------------------------------------
印刷・デザイン・企画・ホームページなど、
三重県桑名市の昭和印刷に何でもお任せ下さい。
-----------------------------------------------------------

»ブログ一覧に戻る