グローバル化が進む時代

2019.03.27
こんにちは。
ブログ担当のNです。

先日、家族と共に海外旅行へ行ってきました。

当たり前ではありますが、町の看板や標識などすべてが外国語なので、英語が苦手な私はトイレを探すのも一苦労でした。

そんな中、観光地で配布されていた案内パンフレットを見てみると、英語や中国語だけでなく日本語で書かれたものも見つけました。
観光地は多くの外国人が訪れるので、多言語の案内の需要が高いのだろうと感じました。
私自身、見慣れた言語で書かれた案内を見ると安心感がありました。(正しい訳だったかはともかくとして…)

グローバル社会と呼ばれる今の世の中、日本国内でも外国の人とのやりとりをする機会は以前より増えています。

来年の2020年にはオリンピックも控えており、今東京では急速に標識や案内看板が国際基準へと変わっているようです。

しかし、この変化は都心だけではなく、地方の観光地にも起こっています。

最近当社では、外国人観光客向けとして英語や中国語の表記を追加した案内看板のデザインのご依頼をいただきました。

パンフレットやチラシなどをグローバル化したい!

そんな時は弊社にお気軽にご相談下さい。

-----------------------------------------------------------
印刷・デザイン・企画・ホームページなど、
三重県桑名市の昭和印刷に何でもお任せ下さい。
-----------------------------------------------------------

»ブログ一覧に戻る